運動指導中の事故にも対応

運動指導者も利用できる保険のご紹介をさせて頂いています。

ヨガやピラティス、体操教室などグループセッション。スポーツ現場でコーチングやトレーナー業務を行うなど、私たちは様々な環境で運動指導をしています。

我々は様々な環境で運動指導を行っていると思います。(僕は自分自身のスタジオ・公共施設・陸上競技場・介護施設に公園などなど。過去には学校や病院でも。挙げればきりがありません。)

様々な環境で運動指導を行う中で。どれだけ予防措置を行おうが。どんなに気をつけて運動の指導をしても。身体を動かすと、一定の確率で。どうしても怪我や何らかしらのアクシデントは起こります。

そんな時のことを考えて運動指導者も加入できる。運動指導中の事故にも対応が可能な保険があります。

私たちに何ら過失がなく、問題もない状態でレッスンや運動トレーニング指導ができれば。それに越した事はありません。

しかし特別なケースではありますが。裁判になる。裁判に至らなくても、なかなかスムーズにお相手の方とお話が進まずというケース想像に難しくないですよね。

そんな時に入っていたらと思うのが保険です。

こちらのサイトでは運動指導者が業務中に何かあった際に利用できる保険のご案内ご紹介もさせていただいています。

詳細につきましては保険代理店の方(担当:川波さん)から詳しくお話をさせて頂きます。ご興味ある方は、まず始めに090-4146-7939(府木)までお問い合わせください。

最後になりますが。皆さんは、AEDやCPRなどのトレーニングを日赤などの講習を通し実施されていらっしゃるかと思います。

もし救急蘇生法や応急処置などに不安がある場合、なるべく早く講習会に参加しましょうね。半日などのコースもありますよ。