栄養学:糖質がリリースされました。

岡山県を拠点に活動する「おかやまのトレーナー・インストラクターを助けるお店です。」発起人の府木薫です。

新しい講義がリリースされました。ご紹介させて頂きます。

簡単に聞き流し栄養学シリーズ第三弾「炭水化物(糖質)」に関しての紹介です。

本講義を学ぶことで、炭水化物とは何か。低糖質ダイエットに関する見方などを学習することも可能です。

栄養指導のイロハの「イ」を講義の後半に、2つの指導法をベースに解説していただいております。

講義の内容は3分程度の動画にて、大まかにお伝えをさせて頂きました。
(これまでの栄養学の復習も兼ねています。)


上記、無料動画を視聴されるだけでも、いくつか学ぶことがります。

今回の講義のポイントは3つです。

①炭水化物をひも解く
②栄養士視点で糖質を捉える(インストラクターでも使える物差し)
③細かな数字を扱わない指導について(事例紹介)

ここをしっかり抑えることで、

——————-

今回のテーマは炭水化物。

炭水化物というと “ごはん” “パン” 、“麺” を思い浮かべると思います。
関連して“糖質制限”“糖質カット”のように“糖質”という言葉もよく出てきます。

では、炭水化物と糖質って同じなのでしょうか。糖質制限をすることは、有効なのでしょうか。

インストラクター・トレーナーが糖質の目安量や摂取量、食品に含まれる含有量を考え、
数字を扱い指導をするのは難しい、
奥が深くてやっぱり栄養士が必要だと感じるかもしれませんが、

数字を扱わなくても栄養指導ができるとしたらどうでしょうか。

糖質の全体像をざっくりつかみ、数字を扱わない指導をするための2つの視点をご紹介します。

(桑原先生 筆)

——————-

糖質と炭水化物は同じですか。それとも違いますか。

炭水化物には、血糖値(血液中のブドウ糖(砂糖)の濃度)を上げる効果がありますが。

それと同時に、腸内環境の改善や栄養素の吸収を邪魔する効果もありますとお伝えした場合、信じてもらえるでしょうか。

野菜というと。ビタミンを多く含む食品と考えがちですが。

糖質を多く含む野菜も多く存在します。

家庭科のようなお話から、食事指導のお話、栄養のお話。

その中でも栄養士がきちんと学ぶ内容まで。

そして後半戦では実際に桑原先生が行っている食事指導の方法を解説して頂きました。

知識集積から、プチ実践講義まで。盛りだくさんの内容となっています。

30分で終わらせるはずが。勢い余って46分も話ししちゃったと。非常に多くのことが学べるセミナーになっています。

早速、学習してみたいという方は、下記サイトより、お申し込みください。

料金:1100円(税込)

資料別途あります。
講義は約46分です。

〈カード決済はこちらから〉
https://fukky86.square.site/product/-3-/15?cs=true

銀行振込でのお支払いは下記フォームより、お願いします〉
https://fukky86.com/?page_id=320

学びの世界へ、いってらっしゃい!

————————————————————-

 府木 薫( kaoru Fuki) 

投稿者について

府木 薫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です