オンライン視聴が快適になりました。

オンラインセミナーのご視聴ありがとうございます。

本日は皆さんがご視聴可能なセミナー(動画)に関してのご連絡です。

皆さんが現在、ご視聴可能なセミナーに関しまして、まだ最後まで見れていないという方も多くいらっしゃるように感じました。

そこで各セミナー動画を3〜4つの動画に分割し、配信できるよう。全てのセミナー(コンツンツ)を編集させて頂きました。(短いコンテンツは5分程度です。長いものでも20分以内にまとめる努力をしました。)

今週セミナーを拝見された方は変化に気づかれたかもしれませんね。先週から一週間ぐらいかけて行ってきました。

具体的には、久世先生の「脊柱・骨盤帯①〜骨・関節〜」ですと。43分で1本のセミナーでしたが、(その他、5名の講師のコンテンツも同様です。)

①脊柱の構造:18分
②頸椎・胸椎・腰椎などの解剖学的特徴:16分
③骨盤:9分

に分割しております。

私自身も編集しながら全てのセミナーを視聴し直し、最も短い③骨盤の9分の中でも多くの学びを得ました。

3日前、新しいクライアントがウチのスタジオに体験レッスンに来ました。内臓を支えるのが最近、大変でというお悩みをお持ちでした。
(これはクライアント自身が感じている感じ方であり、問題です。)

この久世先生の講義の中で、ヒトは直立二足歩行を獲得することで内臓が重力の関係で下に落ちてきた。その結果として、骨盤が横に広い特徴がありますというお話をされていました。

また皆様には、ご案内をしていないですが。「脊柱・骨盤帯②〜筋;体幹〜」の中で、その重く感じている内臓を支える筋肉の紹介に始まり、その筋肉をいかに日常の生活の中で使っていくか。鍛え方なども伝えて頂いております。

骨盤底筋群、骨盤の床をどう鍛えるか。簡単に、かつ明瞭に。ポイントやコツに関して、実践法等も含め紹介をされております。

骨盤帯の筋に関連する動画は、3分程度ですが多くの学びがあります。

動画コンテンツ、オンラインセミナーの良さの1つに何度でも繰り返し知識が定着するまで視聴が可能です。我々は忘却の達人でもあります。覚えた方も基本が大事です。何度も反復し、ご視聴ください。

引き続き、「おかやまのトレーナー・インストラクターを助ける店です。」をよろしくお願いいたします。

————————————————————-

 府木 薫( kaoru Fuki) 

投稿者について

府木 薫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です