栄養学:炭水化物(sample)

今回のテーマは炭水化物。

炭水化物というと “ごはん” “パン” “麺” を思い浮かべると思いますが、
関連して“糖質制限”“糖質カット”のように“糖質”という言葉もよく出てきます。

では、炭水化物と糖質って同じなのでしょうか。糖質制限をすることは、有効なのでしょうか。

インストラクター・トレーナーが糖質の目安量や摂取量、食品に含まれる含有量を考え、
数字を扱い指導をするのは難しい、
奥が深くてやっぱり栄養士が必要だと感じるかもしれませんが、

数字を扱わなくても栄養指導ができるとしたらどうでしょうか。

この動画では、糖質の全体像をざっくりつかみ、数字を扱わない指導をするための2つの視点をご紹介します。ぽ

ポイント
①炭水化物をひも解く
②栄養士視点で糖質を捉える(インストラクターでも使える物差し)
③細かな数字を扱わない指導について(事例紹介)

————————–この続きをご視聴頂くには、————————–


料金:1100円(税込)
この続きは約46分あります。(資料もあります。)



銀行振込またカード(JCB)にて、ご購入希望の方はコチラをクリック!





桑原圭央(Kuwabara Yoshihiro) 管理栄養士・健康運動指導士として、専門的な知識や技術を伝わりやすい言語に翻訳して伝える面白さ・大切さを日々感じながら活動しています。大学卒業後、学校ではなく現場で一から運動を学んだ経験を活かして、皆様の心に寄り添って役立つ情報をお伝えします。

投稿者について

府木 薫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です