どんな講義が聞けるの?その他(リスク管理)編

こんにちは。府木です。
本日は「一次救命処置を学ぶ理由」という講義の紹介です。動画で冒頭6分視聴可能です。
視聴したい方は、https://fukky86.com/?p=217

スポーツ活動中にどれぐらいの頻度で。心肺停止や呼吸停止に遭遇するか。
皆さん、個々の置かれた状況に関して、個別具体的にいくつか紹介もしております。

通常、心肺停止や呼吸停止されている方に遭遇されると「119番通報」をします。
皆さんの元まで、一体何分で救急車は到着するでしょうか。(総務省のHPも情報を元に解説していきます。)

到着までの時間に救命率は、どの程度低下するか。
一次救命処置(BLS)を実施することで、その救命率の低下をどの程度抑制できるのか。

2020年9月にトップ選手(昨年まで現役)がトレーニング中に倒れ、亡くなられるという報道を目にしました。心より冥福を申し上げます。ご家族の方にもお悔やみ申し上げます。

僕としては、この分野は。興味の有無に関わらず運動指導をする者が学ぶべき必須科目の1つかと考えています。
一生涯使わないことが望ましい学習分野です。サービス(運動指導)のレベルが上がるわけでもありません。

でも。知っておけば、、、というトレーナー/インストラクターが一人でも減るきっかけになれば幸いです。

投稿者について

府木 薫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です