その他:一次救命処置を学ぶ理由(sample)

一次救命処置やBLSというワード。一体、それはどういった意味(事柄)なのか。

心配蘇生法やAEDと言う言葉を聞いたことはある。しかし、なぜそれを学ぶ必要性があるのか。

その2点をクリアにして頂き、トレーナーやインストラクターの方に。本編では実技指導はありませんが。最終的には実技指導行っている団体にて勉強したくなるようなお話をしていきます。

目次
①救命処置とは
②救命処置が必要な理由
③一次救命処置の流れ

————————–この続きをご視聴頂くには、————————–


料金:1100円(税込)
この続きは約37分あります。
(資料別途あります。)



銀行振込またカード(JCB)にて、
ご購入希望の方はコチラをクリック!


府木薫(Fuki Kaoru) 大学陸上競技部トレーナーとして活動するとともに。行政の運動施設、整形外科病院、フィットネスクラブで勤務の後、医療系大学にて教鞭をとる。現在、Fitness Innovation代表、ふぁんすぽ主宰、おかやまのトレーナ・インストラクターを助けるお店です。発起人。

投稿者について

府木 薫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です